病後児保育
病後児保育開始しました

平成27年1月5日より病後児保育を開始しました。

「子どもが熱を出してしまったけれど、仕事を休めないし、預かってくれる人もいない…。」

子育て中のご家庭では、このような経験があると思います。

市では、子育てと仕事の両立支援の一環として、お子さんが病気の回復期にあるため集団生活が困難な期間、医療機関に付設された専用施設において、一時的にお子さんをお預かりする病後児保育を平成27年1月5日(月)から開始しました。

ご利用にあたっては、事前に利用登録が必要です。12月1日より実施施設で受け付けますので、利用を希望する方は登録を お願いします。

対象児童

次の条件にすべて該当するお子さん
・市内に居住し、生後6か月から小学校3年生までにあること
・病気の回復期にあること
・保護者の仕事の都合等により、家庭での保育が困難であること

対象疾患

・かぜ、消化不良などの日常的な病気 (急性期を経過した以降)
・麻しん、風しん、みずぼうそうなどの伝染性疾患 (感染期を経過した以降)
・ぜんそくなどの慢性疾患 (発作がおさまった以降)
・骨折などの外傷性疾患 (症状が固定した以降)

利用日時

毎週月〜土曜日の午前8時〜午後6時(土曜日は午後3時まで)
※日曜日、祝日、12/29〜1/3、医療機関の休診日はお休み
利用期間は、1回の利用につき、原則として連続7日まで

利用料

お子さん1人につき一日5時間まで1,500円、5時間を超える1時間につき300円
※生活保護世帯は無料
上記のほかに食事代等の実費経費がかかります。

実施施設

医療法人社団重光会 君津山の手病院 病後児保育室キッズケア
・住所 君津市外箕輪4-1-5 詳細地図
電話 0439-29-6969

利用のながれ

事前登録
・事前に利用登録が必要です。市指定様式「利用登録票」に必要事項を記入し、実施施設へ提出してください。
  ※添付書類:児童調査票
・登録料は無料です。
発症
かかりつけ医を受診し、病名・病状などを明らかにしてください。
病状が安定(病気の回復期)
利用の目安は次のとおりです。
・体温が解熱剤を使用せず38度以下に解熱していること
・前日までの一日の下痢回数が5回以下であり、脱水症状を認めないこと
・嘔吐を認めず、経口摂取が可能であること
・呼吸困難症状がないこと
・事業が利用可能な身体症状(回復期)であること
※インフルエンザ、百日咳、流行性耳下線炎、風しん、咽頭結膜炎は、医師の判断により利用が可能となります。
利用予約
・利用希望日の前日までに実施施設へ直接、電話で予約してください。
・利用日当日でも空きがあれば利用することができますので、電話でご確認ください。
・利用者が多い場合はお断りすることがありますので、ご了承ください。
利用当日
・利用する当日に市指定様式「利用申込書」を実施施設へ提出してください。
  ※添付書類:保護者からの連絡票
・お子さんの病状の急変などにより、保護者の方へ緊急に連絡することがありますので、緊急連絡先を正確に記入してください。
・医師が受入可否の判断を行います。
利用時に必要なもの
・健康保険証のコピー、母子手帳、子ども医療助成受給券
・着替え(2〜3組程度)
・バスタオル(2枚程度)、ハンドタオル(3枚程度)
・ビニール袋(汚れもの用)
・歯ブラシ、コップ
・弁当(要相談)
・病院で処方された薬(一日分)、薬の説明書(お薬手帳など)
※乳幼児のお子さんは、必要に応じて
・おむつ、おしりふき
・食事用エプロン、ミルク、哺乳瓶、離乳食
お迎え
・利用後、当日の昼食代等を実施施設へお支払いください。
・利用料金は、後日、市より納付書を郵送しますので、お近くの金融機関でお支払いください。
・お子さんが安全にご家庭に帰れますよう、入室時にお迎えの方と時間をお知らせいただくとともに、お迎え時にご家族 確認のご協力をお願いします。

注意事項

・お子さんの健康状態に急変があった場合は、医療機関で診察、治療することがあります。その際に発生する医療費等は、保護者負担となります。
・ ご利用をキャンセルされる場合には、必ずご連絡をお願いします。

申請書類など

ダウンロードはこちら
君津市病後児保育利用登録票(サイズ:37.42 KB)
利用にあたっては事前登録が必要です
児童調査票(サイズ:48.34 KB)
利用登録に必要な書類です
君津市病後児保育事業利用申込書(サイズ:57.36 KB)
利用する当日に必要な書類です
保護者からの連絡票(サイズ:44.45 KB)
利用申込みに必要な書類です

Copyright (C) 2006 Kimitsu Yamanote Hospital All Rights Reserved